ここから本文です

ドリュー・バリモア×トニ・コレット共演作の特報公開、テーマソングは平原綾香

映画ナタリー 7月29日(金)13時0分配信

ドリュー・バリモアとトニ・コレットがダブル主演した「マイ・ベスト・フレンド」の特報がYouTubeで公開。あわせて、平原綾香の「STAR」が本作の日本版テーマソングに決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「マイ・ベスト・フレンド」は、幼い頃からの大親友であるジェスとミリーの温かく深い友情関係をつづるヒューマンドラマ。ジェスをバリモア、ミリーをコレットが演じるほか、ドミニク・クーパー、パディ・コンシダインがキャストに名を連ねる。監督を務めたのは「トワイライト~初恋~」のキャサリン・ハードウィック。

平原は「30代で観た映画の中で、一番好きな映画になりました」と本作を絶賛。そして「STAR」について「今まで支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを込めていますが、まさにミリーとジェスの二人の友情が描かれているようで、この映画にぴったりの曲になったと思います」と語った。なお「STAR」は平原のアルバム「LOVE」に収録。

特報は、不妊治療の末にお腹に命を授かったジェスと乳がんが発覚したミリー、それぞれ大きな転機を迎えた2人の揺るぎない絆がうかがえる映像になっている。

「マイ・ベスト・フレンド」は11月18日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

平原綾香 コメント
「マイ・ベスト・フレンド」は30代で観た映画の中で、一番好きな映画になりました。この映画の日本版テーマソングを歌えるということはすごく喜びがありましたし、私が自分で作詞をした想いのこもった曲が選ばれたということもとても嬉しかったです。この映画は、女性同士の深い友情を綴った、そして笑顔と涙が溢れてしまう、最高の映画です! 最後は涙が溢れて思わず声が出てしまうくらい感動しました。ぜひ大切な人と観て頂ければと思っています。「STAR」は、今まで支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを込めていますが、まさにミリーとジェスの二人の友情が描かれているようで、この映画にぴったりの曲になったと思います。照れくさくて今まで言えなかった分の「ありがとう」を伝えられる曲です。ぜひ自分の人生のテーマソングだと思って聴いて頂ければ嬉しいです!



(c)2015 S FILMS(MYA) LIMITED

最終更新:7月29日(金)13時0分

映画ナタリー