ここから本文です

【新日G1】真壁4連勝で吠えた「1・4ドーム大会のゴールデンタイム復活だ」

東スポWeb 7月29日(金)16時42分配信

 新日本プロレス「G1クライマックス」は28日埼玉・所沢大会でAブロック公式戦が行われ、真壁刀義(43)が天山広吉(45)を撃破し開幕4連勝を飾った。6月の大阪城ホール大会で第1試合出場に甘んじた屈辱をバネに単独首位を快走。7年ぶり2度目のG1制覇へ突き進む真壁は、来年1月4日東京ドーム大会のゴールデンタイム放送復活の野望を明かした。

 ここまで1敗の天山と激突した真壁は、剛腕ラリアートをブロックすると首折り弾で反撃。デスバレーボムからのキングコングニーで無傷の4連勝を飾り、単独首位をガッチリとキープした。

 快進撃を支えるのは持ち前の雑草魂だ。今年上半期に低迷した真壁は、6月の大阪城大会でまさかの第1試合の出場となった。

「俺様はプロレスを世間に広める大使なんだよな。そのために常にチャンピオンクラスじゃなきゃいけねえ。原動力は自分に対しての怒りだよね」

 G1を制すれば来年1・4東京ドームでのIWGPヘビー級王座(現王者はオカダ・カズチカ)挑戦権利証が手に入る。新日マットの主要王座を軒並み獲得してきた真壁だが、ドームのメーンイベンターだけは務めたことがない。「そこに立ってこそ団体のトップであるってこと」と、悲願成就への思いは強い。

 今やメディア露出も業界随一となったことで、真壁はその野望をさらに壮大なものとして実現させるつもりだ。棚橋弘至ら新日プロ勢と出演した25日放送のバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)は月曜午後10時の時間帯でトップの視聴率を獲得した。「世間一般はプロレスを望んでるんだって再認識したよね。(視聴率が)EXILEの回超えてたんだよ。まあ、確かに(前半に出演していた)りゅうちぇるは面白かった…って、違うよバカヤロー。俺見たさだろ。それしかねえじゃん」といささか身勝手な分析を披露。「俺様がドームのメーンに立てばゴールデンタイムしかねえだろ。それは俺しかできねえことだろうし、その自負がある。全部そこにつながってるんだよ」とぶち上げた。

「このまま突っ走ってやる」と独走Vを予告した真壁。これまで以上に世間一般との“懸け橋”になるため、G1の頂点は譲れない。

最終更新:7月29日(金)17時58分

東スポWeb