ここから本文です

野村萬斎がゴジラ役でシークレット出演「狂言650年のDNA注入」

デイリースポーツ 7月29日(金)12時32分配信

 狂言師の野村萬斎(50)が、映画「シン・ゴジラ」に“ゴジラ役”でシークレット出演していることが29日、発表された。国産ゴジラの12年ぶり新作となる同作の初日舞台あいさつに萬斎がビデオメッセージを届け、フルCGのゴジラのモーションキャプチャを担当していたと明かした。「650年以上の歴史を持つ狂言のDNAが入ったという事で非常にうれしく思っております。ウヒィヒィという感じでございます」とドヤ顔だった。

【写真】シークレット出演の萬斎がビデオメッセージ

 本作はシリーズ史上初めて着ぐるみではないゴジラ。現実の動きをデジタル的に記録し、反映させる技術・モーションキャプチャの俳優として、萬斎は全身タイツで顔に面を付け、ゴジラを演じた。

 萬斎主演の映画「のぼうの城」でタッグを組んでいる樋口真嗣監督(50)は「器に魂を入れたい。狂言の演目には人間じゃないもの(を演じること)がいっぱいあって、この人だったらいけるというのが見えた」と起用理由を説明。熱烈オファーを快諾した萬斎も「狂言や能の一つの様式美というものを意識されたんだと思う。人間臭いというよりは神とか幽霊であるとか怪物であるという犯しがたい存在感というものを期待された様に思います」と応えて見せた。

 どよめく客席に、すでに知っていたキャスト陣はニヤリ。内閣官房副長官・矢口蘭堂として“萬斎ゴジラ”に立ち向かった主演の長谷川博己(39)は「霊的な日本の伝統芸能が入って、オール・メイドインジャパンだなと再認識しました」と、うなずいた。

 同作は総キャスト数が異例の328人と発表され、避難民の前田敦子(25)やジャーナリストの三浦貴大(30)、自衛隊員の斎藤工(34)ら、ちょい役にも主演級が出演。長いエンドロールの最後に萬斎の名前がクレジットされているが、本編には姿を見せていなかった。ゴジラの動きを担当する、超サプライズな“329人目”。映画は全国349館441スクリーンで公開される。

 2014年公開のハリウッド版「GODZILLA/ゴジラ」では、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムや「キング・コング」のコング役などモーションキャプチャ俳優の第一人者と言われる英出身のアンディ・サーキス(52)が“ゴジラ役”を担当している。

最終更新:7月29日(金)12時52分

デイリースポーツ