ここから本文です

ロッテ 育成の大木、柿沼と支配下契約「妻のためにも頑張る」

デイリースポーツ 7月29日(金)13時30分配信

 ロッテは29日、育成選手の大木貴将内野手(24)、柿沼友哉捕手(23)と支配下登録選手契約を結んだことを発表した。大木の新背番号は「68」、柿沼の新背番号は「99」。

 大木は「正直、ホッとした気持ち、嬉しい気持ちがあります。ただ、これからがやっとプロとしてのスタートライン。さらに、しっかりとアピールをして一軍を目指して頑張っていきたいと思います。妻には朝、電話を入れました。『良かったね』とすごく喜んでくれました。妻のためにも頑張っていきたいです」と話した。大木は28日までイースタンリーグ72試合に出場。打率・231(34安打)、0本塁打、14打点、8盗塁の成績。

 また、柿沼は「まずは嬉しい気持ちです。ただ、これからようやくプロとしての生活が始まると思っているので気を引き締めて頑張っていきたいです。

 家族には朝、電話で報告をしました。父からは『ようやくスタートライン。これからも後悔のないように日々、取り組むように』と激励をしてもらいました。とても喜んでくれたので、良かったです。これから、まずは一軍を目指して頑張ります」と語った。

 柿沼は28日までイースタンリーグ40試合に出場。打率・267(24安打)、0本塁打、6打点の成績。

最終更新:7月29日(金)13時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。