ここから本文です

中田英寿氏 酒の話題は冗舌もサッカー日本代表には関心ナシ?「試合見ないので」

東スポWeb 7月29日(金)17時0分配信

 元サッカー選手の中田英寿氏(39)が29日、都内で行われた「SAKE COMPETITION 2016」表彰式に出席した。

“旅人”として世界中を回り、最近は日本全国の蔵元を訪ねている中田氏は「日本酒はここ数年ブームと言われ、クオリティーも上がってきている。だが、まだメーカー指定で飲むことは少ない。情報が伝え切れてない部分がある。コンペティションが少しでも銘柄選びの助けになれば」とコメントした。

 さらに「全国の蔵を回って知り合いも増えた。日本の生活、そこに寄り添っているものを多くの人に伝えたい。参加する蔵もお酒の数もメディアも増えている。影響力は拡大してきている」と胸を張った。

 酒のことにはやたらと冗舌だったが、五輪を間近に控えてサッカー日本代表について問われると「現役時代からあまり試合を見ないので」と全く関心のない様子だった。

 また、リポーターに受賞銘柄に引っ掛けて「中田さんの“来福”はいつか」と尋ねられても「ん、意味がわからない」と即答。年齢的にもそろそろ、日本酒を一緒に飲むパートナーが欲しいころだとは思うが“永遠の旅人”は何の関心もないようだ。

最終更新:7月29日(金)17時35分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。