ここから本文です

「ONE PIECE」ゾウ編のキャストに折笠富美子、伊藤かな恵、三木眞一郎

コミックナタリー 7月29日(金)13時54分配信

尾田栄一郎原作によるテレビアニメ「ONE PIECE」が、7月31日放送の第751話「冒険開幕 幻の島『ゾウ』到着!」より新シリーズ「ゾウ編」に突入する。新シリーズに登場する3キャラクターを演じるキャストが、設定画とともに発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1000年以上生きる巨大な象の背に栄え、動物のような外見を持つ謎多きミンク族が支配する島・ゾウを舞台に、ルフィたちの冒険を描く「ゾウ編」。犬のミンク・ワンダ役を折笠富美子、うさぎのミンク・キャロット役を伊藤かな恵がそれぞれ担当。またジャガーのミンクで、くじらの森 侠客団の団長・ペドロ役には三木眞一郎がキャスティングされた。それぞれのキャラクターは第754話より登場する。

小山弘起プロデューサーコメント
映画最新作「ONE PIECE FILM GOLD」の大ヒット、心より御礼申し上げます!! 映画が超特大の盛り上がりをみせるなか、TVシリーズも負けじと新章「ゾウ」編にいよいよ突入致します! ワンピファンの皆様はもちろん、映画で初めてワンピースを楽しんで下さった方や、これから初めてTVシリーズをご覧になる方、全ての皆様が楽しめるようなワクワクドキドキの新しい大冒険がまさにこれから始まりますので、新章「ゾウ」編にぜひご期待ください!!

深澤敏則TVシリーズ4代目総監督コメント
新しい冒険の舞台「ゾウ」は、前シリーズの島・ドレスローザとは全く違った雰囲気の島です!超巨大象の背にうっそうと生い茂る深い森、古代都市を思わせる町並み、謎の大樹くじらの木など、冒険感溢れる場所です!そしてそこに住むミンク族!またまた魅力的なキャラクターが多数登場します!ゾウの国を滅ぼした大事件、ワンピースの壮大な物語に関わる超重要な謎、そしてサンジ!物語も驚きの連続で目が離せません!どうぞお楽しみに!!

最終更新:7月29日(金)13時54分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。