ここから本文です

成田発・大韓航空機のパンク事故…該当機体は2004年に製造された「B737-900」

WoW!Korea 7月29日(金)16時58分配信

29日、日本・成田国際空港を出発し韓国・済州(チェジュ)国際空港に着陸した大韓航空機の前輪タイヤがパンクする事故が発生した。該当航空機は2004年にボーイング社が製造したB737-900であることが分かった。

 幸い、乗客148人と乗務員9人の搭乗者157人はバスを利用して避難したため負傷者はいなかったが、航空機移動により滑走路が1時間15分、閉鎖された。

 今回の事故機はB737-900機種で、2004年6月に製造され、大韓航空が同年8月にファイナンスリースで導入した。

 この航空機は日本・成田国際空港と福岡空港、中国・杭州蕭山国際空港と上海浦東国際空港など日本と中国の短距離国際路線のほか、金浦(キンポ)、金海(キムヘ)、済州(チェジュ)、清州(チョンジュ)などの国内路線にも投入されている。

最終更新:7月29日(金)16時58分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。