ここから本文です

銅メダリスト・清水聡がプロテスト合格 9・4デビュー

デイリースポーツ 7月29日(金)15時26分配信

 ボクシングのプロテストが29日、東京・後楽園ホールで行われ、ロンドン五輪ボクシング・バンタム級銅メダリストの清水聡(30)=大橋=が合格した。

【写真】スパーリングもさすがメダリスト!

 同門で、日本フェザー級王座を返上し、IBF世界フェザー級挑戦者決定戦に出場が決まっている細野悟と3ラウンドのスパーリングを行い、スピードと手数で互角以上の闘いぶりを披露。細野は「さすがメダリスト。うまいし速い。日本ランカーの力はあると思う。8オンスのグローブだったら面白いと思う」と、実戦向きと評価した。

 清水は「アマとプロではガードの位置が違うし、長丁場なのでオンとオフに切り替えが大事だと思う。体力はあるので、アマ代表として恥じないような試合をしたい」と話した。

 ロンドン五輪で、ミドル級金メダルを獲得し、先にプロ入りした村田諒太(帝拳)については「村田より先に世界チャンピオンになる。たまに食事に行く程度で、全然連絡も取っていないけど、一回プロの話を聞いておきたい。お互い、刺激し合えれば」とライバル意識をのぞかせた。

 大橋会長は「3ラウンドだったので、銅メダリストの実力がそのまま出た」と太鼓判を押した。さらに「9月4日のデビュー戦(6回戦)は、韓国のフェザー級チャンピオンと対戦します」と発表した。同日は、神奈川・スカイアリーナ座間で井上尚弥の3度目の防衛戦がメインイベントとして行われる。

最終更新:7月29日(金)15時55分

デイリースポーツ