ここから本文です

日本ハム・大谷が12号ソロ弾 シーズン自己最多記録更新

東スポWeb 7月29日(金)20時9分配信

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が29日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で20日の楽天戦以来となる本塁打を放った。

「5番・DH」でスタメン出場した大谷は、1点リードで迎えた4回の第2打席で相手先発・和田の甘く入った145キロストレートを得意の逆方向へ強振し、シーズン自己最多となる12号ソロホーマーをかっ飛ばした。

「狙った通りでした! 感触もよかったし、完璧でした!」と自画自賛の一発は、米大リーグのレジェンド、ベーブ・ルース(当時レッドソックス)が投手から野手への移行期だった1918年に“二刀流”としてマークした11本塁打を上回る“二刀流最多本塁打”だ。

 ちなみに、当時23歳だったルースは投手として13勝を挙げているだけに、現在8勝(4敗)の大谷がその勝ち星を上回れば、実に98年の時を超えて“ルース超え”を果たすことになる。

最終更新:7月29日(金)20時9分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)