ここから本文です

鈴木奈々、本気のマジシャン修行「もうおバカとは絶対言わせない」

Movie Walker 7月29日(金)16時26分配信

巨悪を暴き、世間に還元するイリュージョニスト犯罪集団“フォー・ホースメン”が活躍する映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(9月1日公開)で、日本版フォー・ホースメン結成イベントが、7月29日に神楽座で開催。気鋭のマジシャン、新子景視がリーダーを務める日本版フォー・ホースメンに、新人の見習いマジシャンとしてメンバー入りすることになった鈴木奈々は「私もイリュージョンがやりたい。違う自分を見つけたい。もうおバカとは絶対言わせたくないです」と宣言した。

【写真を見る】見事にケージから笑顔で登場した鈴木奈々!

最初に登場したのは、新子景視と、テツヲ(ROUTE13)<マジシャン/マジッククリエイター>、Magura(マグラ)<マジシャン/マジッククリエイター>の3人だ。ファイヤーケージに布を被せると、その中から鈴木が登場し、拍手を浴びる。「初めてだったので、消えられて、そこから登場できてうれしいです」と興奮状態の鈴木。新子から「直感ですが、才能を感じます。ただものではない雰囲気を感じます」とほめられた鈴木は大喜びだった。

“見破られたトリック”にかけて、最近見破られたことについて聞かれた鈴木は、誕生日のエピソードを披露。「7月9日に28歳の誕生日だったんですが、ずっと欲しかったネックレスをダンナさんがサプライズでくれたんです。一言も言ってないのに、見破られたなと。10万円以上もするので、びっくりしました。そして、愛を感じました。ずっとダンナについていこうと決めました」。

鈴木は約1か月後の8月24日(水)に、本日登壇した新子景視ら3人のマジシャンたちと、イベントでイリュージョンを行う予定。鈴木は「全力で1カ月間頑張りたいと思います!」とやる気満々に決意を語った。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:7月29日(金)16時41分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。