ここから本文です

「ターザン」メイキング映像公開、デヴィッド・イェーツが壮大な世界観の裏側語る

映画ナタリー 7月29日(金)17時0分配信

7月30日に2D / 3Dで全国公開される「ターザン:REBORN」の特別映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ジャングルで動物たちに育てられた後、人間の女性ジェーンと結婚したターザンが、妻と故郷を救うために戦う姿を描いたアクション。主人公ターザンをアレクサンダー・スカルスガルド、妻ジェーンをマーゴット・ロビーが演じた。日本語吹替版では、桐谷健太がターザンの声を担当している。「ハリー・ポッター」シリーズのデヴィッド・イェーツが監督を務めた。

このたび公開されたのは、本作の舞台となったアフリカ・ガボンの荘厳な景色やキャストインタビューを収めたメイキング映像。ガボンの大統領が所有する軍用ヘリコプターを使ってロケハンを行ったというイェーツは、「これほどエキゾチックで素晴らしい場所はめったにない」とロケ地を絶賛。ターザンを追い詰めるレオン・ロムを演じたクリストフ・ヴァルツも「今まで見たことのないスケールに感動した」と語っている。6週間かけて行われたロケでは、ほぼ180°の視界を撮影できるカメラを6台使用。視覚効果監修を担当したティム・バークは「背景撮影の限界を確実に押し広げた」と自信をのぞかせる。続けてロビーも「広大なジャングルを背景に、ターザンを違った視点で描いた本作。まるで魔法のようだわ」とのコメントを寄せた。



(c)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

最終更新:7月29日(金)17時0分

映画ナタリー