ここから本文です

中国LeEco、米テレビメーカーVIZIOを買収

EE Times Japan 7月29日(金)15時43分配信

■4Kテレビを10万円で売ったメーカー

 映像配信サービスや、スマートフォン、テレビなどを手掛ける中国のLeEcoと、米国のVIZIOは2016年7月26日(米国時間)、LeEcoがVIZIOを20億米ドルで買収することで合意したと発表した。取引きは2016年第4四半期に完了する予定だ。

 なお今回の買収では、VIZIOのハードウェアおよびソフトウェアの事業がLeEcoの完全子会社となり、VIZIOブランドは維持される。ただし、VIZIOの視聴データ事業であるInscapeは買収の対象外となり、VIZIOからスピンアウトする予定だ。

 VIZIOは2002年に設立されて以来、テレビやサウンドバーなどの製品を7000万台以上、出荷してきた。2014年には、50型の4Kテレビを999.99米ドル(約10万円)で発売したことで話題を呼んだ。各メーカーの4Kテレビが軒並み20万円以上の価格で販売されていた当時、これは衝撃的な価格だった。

 LeEcoの創設者で、チェアマン兼CEO(最高経営責任者)のYT Jia氏はリリースの中で、「VIZIOの買収は、われわれのグローバル化戦略と、北米での存在感の強化において重要なステップとなる」と述べている。

最終更新:7月29日(金)15時43分

EE Times Japan