ここから本文です

阪神、六回1死二、三塁の反撃機は1点止まり

デイリースポーツ 7月29日(金)20時9分配信

 「阪神-中日」(29日、甲子園球場)

 阪神が0-3の六回、1点を返して2点差に迫った。

 1死から2番・荒木が中前打で出塁。続く江越の代打・緒方が右中間二塁打でチャンスを拡大。1死二、三塁で4番・福留の遊ゴロの間に三走・荒木が生還した。

 2死二塁と得点機は続いたが、5番・ゴメスは空振り三振に倒れて加点できなかった。

最終更新:7月30日(土)5時37分

デイリースポーツ