ここから本文です

感謝の“なでなで”1万回! 千石撫子を無限になでられる謎サイト「なでっこシェア」が俺たちの指を壊しにかかる

ねとらぼ 7月29日(金)18時0分配信

 7月29日に発売された、物語シリーズの最新作「撫物語」(西尾維新)。同作の刊行を記念して、千石撫子の頭をなでなですることができるスマホ専用サイト「なでっこシェア」がオープンしました。

【なでまくるともらえる限定壁紙】

 「なでっこシェア」は、基本的に撫子の頭をひたすら“なでなで”するだけのものですが、一定以上の回数なでることで限定壁紙(全4種)を入手することができます。全ての壁紙をコンプリートするには、合計1万回の“なでなで”が必要とのこと。これは本格的に修行と呼べる領域に踏み込んでしまっているのでは……。

 画面上でほほ笑む撫子を“なでなで”すると、撫子役の声優・花澤香菜さんによる「ありがとうね!」という、おなじみの癒しボイスを聞くことができます。逆にあえて放置してみると、絶妙にツボを突いたスネたような反応が返ってくることも。さらに、物語シリーズに関するクイズに答えたり、同ページをSNSでシェアすることで「忍野忍」「斧乃木余接」の2人もなでられるようになるそうです。

 「撫物語」は、タイトルから分かるように千石撫子が主役の物語。漫画家という夢を追う中で再び現実に追い詰められた撫子が、式神・斧乃木余接の力を借りて4人の分身を作り出すが……というストーリーです。

最終更新:7月29日(金)18時0分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。