ここから本文です

ソフトバンクが逆転勝ち 日本ハムに再び5差

デイリースポーツ 7月29日(金)21時30分配信

 「日本ハム4-6ソフトバンク」(29日、札幌ドーム) 首位のソフトバンクが逆転勝ちし、2位・日本ハムに再び5ゲーム差を付けた。

 打線は日本ハム先発・有原に四回まで無安打に抑えられたが、中盤に攻略。0-2の五回、吉村の左前適時打で1点差に迫ると、六回には柳田の左中間適時二塁打、松田の左犠飛、長谷川の右前適時打で、この回3点を奪って逆転に成功した。八回は柳田の中越え12号ソロ、九回は内川の左前適時打で突き放した。

 先発の和田は7回3安打2失点でリーグトップの11勝目を挙げた。ヒーローインタビューでは「きょうの一戦というのが大事な試合というのは重々分かっていましたし、相手も大学の後輩(日本ハム先発の有原が早大の後輩)なので、絶対に負けないという気持ちで投げました」と振り返った。6-3の九回に登板したサファテは、1点を失ったものの、32セーブ目を挙げた。

 日本ハムは連敗。先発の有原は7回2/3を5失点で、4敗目(10勝)を喫した。九回には大谷の右中間三塁打、レアードの中越え適時打で1点を返し、なおも2死二、三塁と攻めたが、西川が空振り三振に倒れ、及ばなかった。

最終更新:7月29日(金)22時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報