ここから本文です

丸藤、屈辱敗…石井が掟破りのエメラルドフロウジョン=新日本G1

スポーツナビ 7月29日(金)0時8分配信

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX26」第7目となる28日の埼玉・所沢市民体育館では、Aブロック公式戦5試合が行われた。
 開始から丸藤と石井は逆水平チョップの打ち合い。石井がボディースラム、丸藤はブレーンバスターをかわし、逆水平、側転からドロップキック、場外へプランチャ。丸藤はジャンピングエルボー、石井はパワースラム。
 石井のパワーボムは丸藤がこらえ逆水平。激しい逆水平チョップの打ち合いは、石井が打ち勝ちパワーボム、スライディングラリアットはかわされる。雪崩式ブレーンバスターは、丸藤が体を入れ替え失敗。丸藤のヒザ、ラリアットはカウント2。ポールシフトを狙うがかわされ、トラースキックもカウント2。

 丸藤は不知火を狙うが、石井はなんとエメラルドフロウジョンで返すと、スライディングラリアットもカウント2。丸藤はラリアットを虎王で撃墜しスピンキック。虎王はかわされるが、丸藤はトラースキックから再び虎王。しかし石井は虎王をキャッチすると頭突き、ラリアットから垂直落下ブレーンバスターで3カウントを奪った。

最終更新:7月29日(金)0時27分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。