ここから本文です

死体花「ショクダイオオコンニャク」の開花をニューヨークからライブ中継 数年に1度に咲く臭い花

ねとらぼ 7月29日(金)19時17分配信

 米ニューヨーク植物園(NYBG)は、“死体花”として知られる「ショクダイオオコンニャク」の開花をYouTubeにてライブ中継しています。数年に1度しか花を咲かせず、栽培下ではより開花がまれとされ、NYBGでも花の咲いたショクダイオオコンニャクを庭に展示するのは1939年以来はじめてだということです。

【開花の様子】

 7月29日2時48分(現地時間)の中継映像では、すでに開花している様子が見られます。

 サトイモ科の絶滅危惧種で、高さは最大で3メートルほどにもなり、巨大な花(花序)を持つショクダイオオコンニャク。特徴としては、腐った肉のような悪臭を放つという点で、そのため“corpse flower(死体花)”と呼ばれています。これは別のショクダイオオコンニャクと受粉するためで、臭いでハエや甲虫を引きつけて花粉を付けるのだとか。

 開花は7月28日に開始。7月29日が花と悪臭のピークということで、NYBGは営業時間を9時~20時まで延長するとしています。

最終更新:7月29日(金)19時17分

ねとらぼ