ここから本文です

横浜みなとみらいに「水陸両用バス」登場 陸と海つなぐ社会実験 8月から

ITmedia ニュース 7月29日(金)19時56分配信

 横浜市が、水陸両用バスを運行する社会実験「~水・陸 新発見! 横浜みなとまちめぐり プロジェクト~」を8月10日に始める。陸上の観光名所をめぐるだけでなく、そのまま海上も遊覧し、「横浜の見どころを陸と海をシームレスにつないで堪能できる」(同市)という。

 日本丸メモリアルパーク、赤レンガパークのいずれかで乗車。みなとみらい地区などの陸上を走行した後、日本丸メモリアルパークから海に入り、パシフィコ横浜、赤レンガ倉庫の沖まで出るか、新港ふ頭を周回して陸に戻る。所要時間は約70分。

 運行期間は2020年3月末まで。午前10時~午後6時に運行する(1日の便数は未定)。1便当たりの定員は44人で、料金は大人が3500円、小学生以下が1700円の予定。搭乗券は運行当日、日本丸メモリアルパークのチケットカウンターで購入できる。

最終更新:7月29日(金)19時56分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]