ここから本文です

日本コカ・コーラ、再び本社を渋谷に 新オフィスをメディア公開

ITmedia ビジネスオンライン 7月29日(金)20時33分配信

 日本コカ・コーラは本社を移転し、7月25日に東京・渋谷の新オフィスで業務を再開した。それに伴って同月29日にはメディア向けにオフィス内覧会が行われた。

【トイレの男女マークも】

 地上7階、地下1階からなる新本社ビルは社員など約600人が働く。外観デザインは、同社の主力ブランド「コカ・コーラ」のグラスボトルを象徴する独特のカーブ(リッピンコットリボン)と緑色のかかったガラスを全面的に採用した。

 新本社ビルの特徴に挙げるのがエコロジーだ。雨水を貯蓄してトイレの洗浄水などに利用したり、節水型器具を使ったりすることで、年間で約239万リットル、ミネラルウォーター「い・ろ・は・す」のペットボトル(555ミリリットル)で431万本分の節水が可能になるという。また、LEDライトの採用や空調の効率化、ソーラーパネル設置などによって省エネルギーを推進し、約2万8000本の杉の木が吸収する二酸化炭素(CO2)量を削減できるとしている。

 同社は1970年からこの場所を本社拠点としていたが、社屋の建て替え工事のため、2013年12月に港区六本木に仮移転していた。

 内覧会に先立って挨拶した渋谷区長の長谷部健氏は「コカ・コーラがここに戻って来て嬉しい。渋谷区は真の国際都市を目指しており、この街にある企業などのパートナーとともに成長できることを楽しみにしている」とコメントした。

最終更新:7月29日(金)20時33分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]