ここから本文です

アオアシ×フットボールネーション×BE BLUES!…小学館サッカー作品コラボ色紙

コミックナタリー 7月29日(金)20時27分配信

本日7月29日に、上野直彦が取材と原案協力を務める小林有吾「アオアシ」6巻と、大武ユキ「フットボールネーション」9巻が発売。また8月18日には、田中モトユキ「BE BLUES! ~青になれ~」24巻が刊行されることを記念し、プレゼントキャンペーンが開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

週刊ビッグコミックスピリッツにて連載されている「アオアシ」、ビッグコミックスペリオールにて連載中の「フットボールネーション」、週刊少年サンデーにて展開されている「BE BLUES! ~青になれ~」は、いずれも小学館のマンガ誌にて活躍するサッカーマンガ。各作品の単行本発売にともない、プレゼントとして3作品のコラボによる色紙が用意された。色紙にはそれぞれの作家により、物語の主人公とサインが執筆されている。

色紙が欲しい人は、各作品の単行本の帯に付属している応募券「A」「B」「F」を集め、ハガキに貼り、必要事項を記載のうえポストに投函しよう。詳細は帯にて確認を。

最終更新:7月29日(金)20時27分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。