ここから本文です

シュールな絵柄で日常にツッコむ1コマ「あるあるカオス劇場」、サイン会も

コミックナタリー 7月29日(金)21時51分配信

パントビスコ「あるあるカオス劇場 人生1コマファンタジー」が7月30日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

パントビスコはInstagramやTwitterにシュールな画風のイラストネタを発表し、Instagramのフォロワーは現在16万人を超えるクリエイター。本書はパントビスコがネットに発表した作品の中から、1コママンガ「1コマファンタジー」シリーズをまとめたもので、日常へのツッコミやあるあるネタ、言葉遊びネタなどを「レンアイ編」「キヅキ編」「カワイイ編」など10のテーマで描いている。

発売を記念し、8月6日18時から東京・SHIBUYA TSUTAYAでサイン会が開催。同店6Fのカウンターにて前金を支払ってこの本を予約すると、先着で参加券が配布される。

最終更新:7月29日(金)21時51分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。