ここから本文です

スコセッシ、ウェス・アンダーソンが絶賛、サタジット・レイ監督の2作品がBD化

映画ナタリー 7月29日(金)22時4分配信

黒澤明が絶賛したインドの巨匠サタジット・レイが監督を務めた「ビッグ・シティ」「チャルラータ」のBlu-rayが、明日7月30日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1963年に公開された「ビッグ・シティ」は、家計の苦しさから外へ働きに出た主婦の奮闘を描くヒューマンドラマ。レイが監督のほか脚本・音楽も手がけ、第14回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲得した。一方、1964年公開の「チャルラータ」は、大豪邸に暮らす女性の孤独と芸術への目覚めを詩的な映像で切り取った作品。第15回ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いたほか、マーティン・スコセッシ、ウェス・アンダーソンらが賞賛を贈っている。

Blu-rayには2Kデジタルリマスター版を収録。特典としてリーフレットが付属する。

ビッグ・シティ
2016年7月30日(土)発売発売元:gnome販売元:紀伊國屋書店価格:5184円

チャルラータ
2016年7月30日(土)発売発売元:gnome販売元:紀伊國屋書店価格:5184円

最終更新:7月29日(金)22時4分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。