ここから本文です

「機械仕掛けの愛」4巻発売、娘の結婚式に参列するAIのエピソード公開

コミックナタリー 7月29日(金)23時34分配信

業田良家「機械仕掛けの愛」の4巻が、本日7月29日に発売。これを記念して小学館のマンガ情報サイト・コミスンでは、同巻に収録されたエピソード「花嫁の父」を公開している。

「機械仕掛けの愛」は心を持ったロボットたちを描くオムニバス作品。第17回手塚治虫文化賞短編賞や第19回文化庁メディア芸術祭優秀賞にも輝いた話題作だ。4巻には23年間育てた娘の結婚式に参列するロボットを描く「花嫁の父」をはじめ、全8編が収録されている。

最終更新:7月30日(土)0時10分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。