ここから本文です

【MLB】イチロー大台までM2、J.フェルナンデスは「神を見ているのと同じ」と大興奮

ISM 7月29日(金)14時12分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が現地28日、地元で行われたセントルイス・カージナルス戦に代打で出場し、1打数1安打をマーク。メジャー通算3,000本安打まであと「2」に迫った。

 2点を追う7回、1死一塁の場面で、観客からのスタンディングオベーションを受けながら打席に立ったイチロー。2球目の速球を叩くと、打球はマット・アダムス一塁手の横を抜けてライト深くへと転がり、イチローはゆうゆうと二塁まで達した。

 イチローの二塁打に歓声を上げたのは地元ファンだけではなく、この日先発したホセ・フェルナンデス投手も大興奮だったようだ。すでに降板していたエース右腕は、「アイシングをしていたんだけど、みんなと叫び、飛びはねた。手を氷の中に突っ込んでたよ」とコメント。

 さらに、「イチローが打席でヒットを打つ時はいつも、子どもの頃に戻ったような気持ちになるんだ。彼が歴史に名を刻む場面に居合わせることができて光栄だよ。彼がヒットを放つ時は、神を見ているのと同じ。最高の功績を残した神とね」と、42歳のベテランの一打に酔いしれた。

 なお、マーリンズは4対5で惜敗した。(STATS-AP)

最終更新:7月29日(金)14時12分

ISM

スポーツナビ 野球情報