ここから本文です

【MLB】ドジャースのA.J.エリス、キャリア9年目での初盗塁に歓喜

ISM 7月29日(金)17時14分配信

 ロサンゼルス・ドジャースのA.J.エリス捕手が、現地27日に地元で行われたタンパベイ・レイズ戦で、キャリア9年目にして自身初の盗塁を記録した。

 エリスは、レイズ戦の2回にライト前ヒットで出塁すると、相手バッテリーの隙をついて二盗。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』の『Cut4』によると、2008年9月にメジャーデビューを果たした同選手は、10打席目でメジャー初ヒットを放ったものの、初盗塁は史上5番目に長い1,904打席を要した。

 35歳のエリスは、これまで出場した537試合で、何度か盗塁を試みたことがあったという。しかし、いずれも失敗に終わっており、この日ついに成功させた記念として、セカンドベースをもらえないかと二塁塁審に頼むほど嬉しかったようだ。

 さらに、現役時代は盗塁の“エキスパート”だったドジャースのデーブ・ロバーツ監督と、春季キャンプの時にキャリア初盗塁を賭けていたとのことで、エリスは試合後にディナーをご馳走してもらったと『Cut4』は伝えている。

最終更新:7月29日(金)17時14分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]