ここから本文です

桜田ひより、憧れは永作博美「すてきな女優さん」

オリコン 7月30日(土)12時35分配信

 女優の桜田ひより(13)が30日、都内で1st写真集『ひより日和。』(東京ニュース通信社刊)発売記念イベントに出席。子役から数々のドラマなどに出演し、今後さらなる活躍が期待される桜田は「演技ももちろんうまくなりたいですが、1番は周りに気を遣える女優さんになりたい」と目標を抱き、憧れの女優として永作博美の名前を挙げた。

お気に入りの「大人っぽい表情」したページ

 永作とは映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』(2015年に公開)で共演。演技の面以外でも、「映画のなかで(永作が)コーヒー屋の店主の役だったんですけれど、休憩中に自分でコーヒーを入れてスタッフさんに配っていた。すてきな女優さんです」と尊敬を込めていた。

 イベントには、「5歳の頃、初めてお仕事をしたご褒美で買ってもらった」というオランウータンの人形を持って登場。沖縄で撮影したという初の写真集に「これを見たら私のいまのすべてがわかります。大人っぽい表情だったり、変顔もしています」と満足げだった。

最終更新:7月30日(土)12時38分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。