ここから本文です

野村周平、ハマケンらが『スキコト』副音声に登場

オリコン 7月29日(金)18時0分配信

 現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ『好きな人がいること』(毎週月曜 後9:00)の第4話では出演者である俳優の野村周平、浜野謙太、31日放送の同局『人生のパイセンTV』(深夜24:30)に向け野村を取材してきたマイアミ・ケータこと萩原啓太ディレクターが『緊急決定! 野村周平、浜野謙太、マイアミD、男だけの真夏の激アツ副音声!』と題した副音声に登場することがわかった。

【写真】ハマケンも副音声に参加

 恋愛から遠ざかっていたパティシエの主人公・櫻井美咲が海辺のレストランで働きながら、長男・柴崎千秋(三浦翔平)、次男・夏向(山崎賢人)、三男・冬真(野村)らイケメン三兄弟とシェアハウスするロマンチックラブコメディー。お調子者でプレーボーイの冬真役の野村、柴崎家の良き相談役ながら引っかき回すキーパーソン・日村信之役の浜野、バラエティー界のチャラ男マイアミDが、裏トークを展開する。

 第4話では、初恋の人である千秋をめぐって高槻楓(菜々緒)にライバル宣言した美咲や、美咲に対する気持ちに変化が生まれ意外な行動をとる夏向、レストラン経営と柴崎家の秘密をダブルで抱える千秋、謎の少女・西島愛海(大原櫻子)が冬真と接近するなど、バーベキューや花火大会といった夏の風物詩を舞台に登場人物それぞれが新展開を迎える。

 また、30日には1話から3話を振り返り、人気声優・入野自由がナレーションを担当する『入野自由が送る! 月9「好きな人がいること」ダイジェスト!』(後3:05)の放送が決定。これまでの胸キュンシーンや個性豊かな登場人物を特別編集でおさらいすることができる。

最終更新:7月29日(金)18時0分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。