ここから本文です

シンガーソングラドル・藤田恵名、「グラビアDVDよりすごい」ミニアルバムの内容

デビュー 7月29日(金)18時40分配信

 シンガーソングラドル・藤田恵名が、キングレコードから初主演映画『 EVIL IDOL SONG』の主題歌を収録したミニアルバムを8月24日にメジャーリリースする。同アルバムのジャケ写およびブックレットは、決意のギリギリヌードグラビアとなっている。

【写真】藤田恵名の写真。グラビア活動。

 2010年に福岡から一人上京した藤田。以降プロダクションに入ることなくフリーのシンガーソングライターとして音楽活動を続け、毎年のワンマンライブを満員にし、動員を伸ばし続けている。一方、グラビア活動でもイメージDVDをコンスタントにリリース。『ミス東スポ2014』グランプリに輝き、2015年は『ホラー秘宝』イメージガールを務めるなど注目を浴びている。

 アーティストとグラビアの“二足のわらじ”の活躍で『シンガーソンググラドル』という独自のポジションを確立。その個性が注目され、講談社主催のコンテスト『ミスiD2017』のセミファイナリストにも選出され、現在グランプリを目指して戦っている最中だ。

 そして今回、ホラー映画界を牽引する若手・大畑創の最新作『EVIL IDOL SONG』の主演に抜擢され、主題歌を歌うことが決定。先日行なわれたイメージDVDの発売イベントでは「DVDより脱いでます」と予告していたが、その前振りに違わぬ刺激的なビジュアルとなっている。

 本日29日に発売された『FRIDAY』では袋とじグラビアも披露。CDの発売イベントもグラビアアイドルの殿堂「ソフマップ・アミューズメント館」で開催するといい、シンガーソングラドルとして、彼女にしか出来ない活動で多くのファンを楽しませてくれそうだ。

最終更新:7月29日(金)19時54分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。