ここから本文です

菜々緒、黒レース衣装の殺し屋姿が解禁「“演出”的にも体を張った」

オリコン 8月1日(月)5時0分配信

 いまや悪女役の第一人者として活躍中の菜々緒が、艶めかしいシースルーの黒のレース衣装に身を包む役姿が公開された。スリットから美脚をのぞかせるこのキャラクターは、生田斗真が主演する『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日公開)でのチャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂(フーフォン)。衣装も含めてビジュアルにこだわったという菜々緒は「かっこよくてインパクトのあるビジュアルになりました!」と満足そう。

【写真】妖艶な殺し屋を演じる菜々緒のクローズアップカット

 前作からおなじみの童貞を卒業済みの潜入捜査官・玲二(生田)のほか、玲二が童貞を捧げた婦警・若木(仲里依紗)、可愛い見た目と裏腹に口が悪い奇跡の処女・轟迦蓮(本田翼)など、濃いキャラクターたちが勢揃いする同作。菜々緒は「とにかく周りに負けないくらいのキャラクターを作りたいと思い、衣装やヘアメイクなどもこだわりました」としながら、きわどいシーンも続出する同作の撮影については「初挑戦の北京語や“鞭”もがんばりましたし、アクションや“演出”的にも体を張らせていただきました」と意味深にコメントしている。

最終更新:8月1日(月)13時49分

オリコン