ここから本文です

GLAY、FC限定ライブに5万6000人熱狂 20周年で約束「10年後はベネチアでやろうぜ!」

オリコン 7月31日(日)19時49分配信

 人気ロックバンド・GLAYが7月31日、千葉・幕張メッセでファンクラブ限定ライブ『HAPPY SWING 20th Anniversary SPECIAL LIVE ~We ▽ Happy Swing~ Vol.2』(※▽=ハート)を開催。ファンクラブ設立20周年の節目を祝うためにきのう30日公演(同所)と合わせてファン5万6000人が駆けつけた。

【ライブ写真】5万6000人のファンを熱狂させたGLAY・TERU

 きょう31日は、1999年同日にGLAYが幕張メッセ駐車場特設ステージで20万人を集客した伝説の単独ライブを行ったことから、ファンの間で「GLAYの日」と呼ばれている。この日も開場を埋め尽くすほどのファンが集結し、当時と変わらぬ熱気のなかメンバーたちはパフォーマンスした。

 ファンクラブ限定ライブとあって、各メンバーセレクトで“コア”な楽曲を多数披露。「LOVE SLAVE」(1995年)、「HIT THE WORLD CHART!」(1996年)、「週末のBaby talk」(1996年)、「疾走れ!ミライ」(2014年)、「デストピア」(2016年)など、新旧の曲を織り交ぜた“濃密”な構成に会場は何度も沸いた。

 「20年間という月日は長い。ずっと僕らを支えてくれてありがとうございます」と笑顔でファンに感謝したボーカル・TERU。先日「デカい夢がほしい」という思いからベネチアに行き、帰りがけに名所であるサン・マルコ広場に立ち寄ったと回顧。

 「帰ってきて写真を見返してたら、ライブがやりたくなってきた」と込み上げる思いを言葉にすると「ファンクラブの30周年記念ライブをベネチアでやろうぜ! TAKURO、JIRO、HISASHI、スタッフの皆さん、Toshiさん、俺にベネチアでライブをさせてくれー!」と絶叫。

 声援を送るファンにも「あと10年ある。みんなもお金、ためられるよね?」とユーモアたっぷりに呼びかけ「どうしてもみんなにあの素晴らしい景色を見せてやりたい。素晴らしい景色の広がるサン・マルコ広場を見せてやりたい。みんな一緒に来てくれるかー?」と声を張ると、ファンも大歓声で応え、10年後の“約束”を交わした。

■セットリスト
01. HAPPY SWING
<JIROセレクト>
02. TIME
03. neverland
04. ストロベリーシェイク
05. Scoop
06. Ruby's Blanket
07. 運命論
08. MUSIC LIFE
<TAKUROセレクト>
09. HIT THE WORLD CHART!
10. LOVE SLAVE
11. LEVEL DEVIL
12. YOU MAY DREAM
13. Lovers change fighters, cool
14. ACID HEAD
<TERUセレクト>
15. 週末のBaby talk
16. Lock on you
17. RaindirD
18. Little Lovebirds
19. 疾走れ!ミライ
20. BLEEZE
<HISASHIセレクト>
21. デストピア
22. アイ
23. 1988
24. Cynical
25. 微熱(A)girlサマー
26. 彼女はゾンビ
<アンコール>
27. 超音速デスティニー
28. 彼女の“Modern…”

最終更新:8月1日(月)18時15分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。