ここから本文です

モーニング娘。'16、メンバー11人の「娘。愛」に賞賛

デビュー 7月30日(土)7時0分配信

 2016年5月に鈴木香音の卒業を経て、11人体制で新たなスタートを切った「モーニング娘。'16」。現在、メンバーとともに『新世紀=新しい時代』を一緒に作っていくメンバーを求める『モーニング娘。’16 新世紀オーディション!』の再募集を8月7日まで実施中だが、そんななか、現メンバー全員からオーディション志望者へのメッセージが到着した。そのメンバーたちの「娘。」愛に溢れるメッセージに対して、志望者、ファンからも賞賛の声が集まった。

【写真】モーニング娘。'16 メンバーの写真

 オーディション情報サイト「Deview/デビュー」に掲載されている『モーニング娘。’16 新世紀オーディション!』の特集では、「モーニング娘。'16」メンバー11人全員が7つの質問に答えている。

 12期メンバーは「自分にとってのモーニング娘。'16とは?」という質問に対し、「第二の学校的存在で、青春する場所です」(尾形春水)、「『家族』みたいな存在! 温かい空間です」(野中美希)、「人生。自分の生活の中心」(牧野真莉愛)、「仲間でもあり、ライバルでもあり、家族のような存在です」(羽賀朱音)と、『絆』を感じる集団に例え、帰属意識を見せる。

 11期として加入した小田さくらは、グループの魅力を「歴史があるところ。いろいろな方が作って守ってくださったグループなので、その愛と歴史が魅力だなと思います」と語った上で「世の中で一番好きなものです。いつの時代も大好きだし、今もネットで検索したりして、モーニング娘。について調べてしまいます。私にたくさん幸せをくれます。自分が大好きなモーニング娘。をいろんな人に届けたいです♪」と、モー娘。愛を隠さない。

 加入からもうすぐ5年になる10期メンバー。飯窪春菜は「夢を叶えてモーニング娘。に入って5年、周りにメンバーがいることが自然な幸せ!」と振り返る。工藤 遥は「成長の場です。加入してからまるで中身が変わりました。周りが見えるようになったことが一番大きな変化です」といい、石田亜佑美は「楽しさだけじゃない、生きる厳しさみたいなものも学べます。学校で教わる以上の経験もできるし、辛さを乗り越えた先の達成感の大きさは、他では感じられないと思います」と、成長を実感しているようだ。そんななか、佐藤優樹は、モーニング娘。'16を「まーちゃんの一生の夢の中のできごと」と“まーちゃん”らしい、独特の言葉で表現した。

 9期メンバーの生田衣梨奈は「ファンのみなさんが、笑っているのをみた時です。ライブのリハーサルとかはキツイかもしれないけど……」と活動のやりがいについて語り、リーダーの譜久村聖は「自分の居場所です。自分が居ていいんだって思える場所。昔は憧れすぎて入れるなんて思っていませんでした。でも、今はそう思えるし、モーニング娘。のチームワークやスキルをあげるため、ファンのみなさんに喜んでもらえる事は?って毎日考えています。それが楽しいし、今の自分の使命なのかなって思います」と、その全てを捧げていることを明かした。

 この記事に対した「これヲタも読んだ方が良いね」「小田さくらさんの信じられる度は半端じゃないです」「13期を受ける子が一人でも増えて有望な子が加入してくれるとイイね」「それぞれにそれぞれの娘。愛が感じられて素晴らしい」などの声が寄せられている。

 『モーニング娘。’16新世紀オーディション!』では、モーニング娘。のことが大好きな人で、“歌やダンスが大好き”、“自分の特技や長所を活かしたい”、“自分の未来を信じて突き進みたい”、“新しい自分を見つけ出したい”…そんな女子を募集中。応募締切は8月7日。全コメントと応募の方法は、オーディション情報サイト「Deview/デビュー」に掲載中。

最終更新:7月30日(土)7時0分

デビュー