ここから本文です

【GOLF】宮里美香が「69」で11位タイと好発進! 野村、鈴木は46位タイ

ISM 7月29日(金)5時21分配信

 海外女子メジャーの今季第4戦、第40回全英リコー女子オープンが現地時間28日、英国のウォーバーンG&CCで開幕し、第1ラウンドの競技を終了。宮里美香が3アンダー69で回り、11位タイ発進となった。

 昨季大会7位タイの美香は、前半9ホールこそスコアカード通りのプレーとなったが、バックナインに入り10番でバーディが先行。さらに、14番でスコアを伸ばして迎えた最終18番では距離のあるバーディパットを見事に沈めた。トップとは7打差なものの、ノーボギーで初日のラウンドを終え、昨年に続く上位進出となるだろうか。

 また、日本勢の先陣を切ってスタートした今季2勝の野村敏京は、2アンダーで迎えた13番からの4ホールで3つのボギーを叩くなど失速。4バーディ、4ボギーのイーブンパー72でホールアウト。前週、国別対抗戦に出場した鈴木愛も1バーディ、1ボギーの内容となっており、ともに46位タイにつけている。

 宮里藍は1番でバーディが先行したものの、その後は4つのボギーを喫するなど、3バーディ、4ボギーの1オーバー73。3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの西山ゆかりらと並び、70位タイとなった。横峯さくらは1バーディ、3ボギーの2オーバー74で89位タイと出遅れ。上田桃子は3オーバー75の107位タイ、柏原明日架は4オーバー76の123位タイと予選突破のためには、2日目での巻き返しが必要な状況となっている。

最終更新:7月29日(金)10時49分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]