ここから本文です

ロン・ハワード監督のザ・ビートルズ映画、長編予告編公開

BARKS 7月31日(日)20時5分配信

9月に公開される、ロン・ハワードが監督したザ・ビートルズのドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』の2分以上あるロング・ヴァージョンの予告編が公開された。

◆『The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years』予告編映像

先月公開された49秒の予告編で、現在のポール・マッカートニーがあれだけのフィーバーが巻き起こったことに対し「僕らは子供だった。みんな、かなり怖がっていたよ」と話していたが、それに加え、ライブではオーディエンスの叫び声で音楽がかき消されてしまう状況に到り「僕ら、ウンザリし始めていた。どこか新しいところへ向かうと模索していた」と振り返っている。

また、リンゴ・スターが「僕らは永遠に、「She Loves You」をプレイするクリーンなモップ・トップスの4人ではいられなかった」と、故ジョージ・ハリスンが「僕らはノーマルだった。残りの世界がクレイジーだった」と話すシーンも見られる。

『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』は日本で9月22日から全国の劇場で公開される。

Ako Suzuki

『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』
9/22(木・祝)より角川シネマ有楽町ほか全国公開
配給:KADOKAWA
出演:ザ・ビートルズ
監督:ロン・ハワード
(C)Apple Corps Ltd.

最終更新:7月31日(日)20時5分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。