ここから本文です

ポイズン、デフ・レパードとの共同ツアーを計画

BARKS 7月31日(日)20時7分配信

ポイズンが2017年、活動を再開するようだ。再び、デフ・レパードとジョイント・ツアーを行なうらしい。

◆ポイズン画像

『The Salt Lake Tribune』紙のインタビューで、ポイズン復活の可能性について問われたフロントマンのブレット・マイケルズは、「俺は本当にそれを願っているっていうのが、正直な答えだ。来年だ。ポイズン&デフ・レパードになるだろう。俺らが最後に一緒にやったのは、確か2012年だったと思う。それをもう一度やる。クレイジーになるよ」と話した。

ポイズンとデフ・レパードは2009年と2012年にジョイント・ツアーを開催している。ポイズンは、ワンオフの公演は数回あったものの、2012年以来ツアーを行なっていない。

ポイズンのドラマー、リッキー・ロケットは昨年、癌を公表したが、今月半ば「俺は癌がなくなった!!!!」との嬉しい知らせをもたらしており、来年にはステージに復帰できるだろうと話している。

Ako Suzuki

最終更新:7月31日(日)20時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。