ここから本文です

KREVA、今年は”クレバの日”から二夜連続でBillboard Live開催

BARKS 7月29日(金)23時2分配信

KREVAが2016年9月08日”クレバの日”、09日と二夜にわたり、ビルボード東京で<KREVA in Billboard Live>を開催することが明らかになった。

◆KREVA 画像

発表が行なわれたのは7月29日(金)夜9:08より開局した「KFC TV」にて。初生放送中の最後に、KREVA自らファンに向けて発表された。

2004年、ソロデビュー以来、9月08日を”908 -クレバの日”と称し、毎年新作リリースやライブなど、さまざまなアクションを起こしているKREVA。2012年にはその実績が評価され正式に日本記念日協会から「9月08日は”クレバの日”」認定され、そのことを受けて「今までは9月08日は”クレバの日” と言うと『語呂合わせですか?(笑)』と言われてたけど、今年から正式に俺たちの日になったぜ!」とコメント。2012年からはアリーナ、日本武道館などで主催イベント<908 FESTIVAL>を平日だろうと毎年9月08日に必ず開催していた。

そんな中、2016年の<908 FESTIVAL>の開催が9月03日(土)”クレサンの日”になったことから、ファンの間では今年の「クレバの日」に何があるのか注目が集まっていた。新たな刺激としてKREVAが選んだステージは「ビルボード東京」。今年の9月08日”クレバの日”についてKREVAは「フェスの楽しさとは、また違ったステージを届けたい。そこでリアルにファンと向き合いたい」とコメントしている。
 
9月08日「クレバの日」はファンクラブ限定ライブ、そして9日は一般公演と2夜に渡り全4ステージが行われる。さらに料金設定にも「908」を盛り込むなど、クスッとさせられる遊び心も健在。1公演につき約300人、4公演で約1200人という狭き門ながら、贅沢な空間でのライブとなりそうだ。

<KREVA in Billboard Live>のKFC会員限定公演は8月2日~受付スタート、一般公演のチケットは、8月22日(月)発売される。また<908 FESTIVAL 2016>のチケットに関しては一般発売が8月6日(土) 10:00~ となっている。

<KREVA in Billboard Live>
9月08日(木) KREVA in Billboard Live “クレバの日”(KREVA FAN CLUB「KFC」会員限定公演)
9月09日(金) KREVA in Billboard Live(一般公演)
1st Stage:17:30 / 18:30  2nd Stage:20:30 / 21:15
チケット料金:
 [1]3F ステージフロア ¥8,908(税込)
 [2]4F Duoシート ¥10,500(税込) ※ペアシート ¥21,000(税込)
 [3]4F DXシートカウンター ¥11,000(税込)
 [4]4F DXシートDuo ¥11,000(税込) ※ペアシート ¥22,000(税込)
 [5]4-5F カジュアルエリア ¥7,908(税込)
一般公演チケット発売日:8月22日
お問合せ:Billboard Live TOKYO 03-3405-1133

<908 FESTIVAL 2016>情報
『908 FESTIVAL in OSAKA 2016』
●8月20日(土) 大阪フェスティバルホール
開場:17:00 開演:18:00
出演:KREVA / 三浦大知
●8月21日(日) 大阪フェスティバルホール
開場:16:00 開演:17:00
出演:KREVA / 三浦大知 / AKLO / WRECKING CREW ORCHESTRA & EL SQUADほか
チケット料金:¥7,300円(tax in)
*U19キャッシュバック(19歳以下のご来場様には当日500円ご返金)
問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888 (全日10:00~18:00)
チケット発売中

『908 FESTIVAL 2016』
●9月03日(土) 日本武道館
開場:16:30 / 開演:17:30
出演:KREVA / 三浦大知 / AKLO / 赤い公園 / 渡辺直美 and more…
チケット料金:¥8,300(tax in)
*U19キャッシュバック(19歳以下のご来場様には当日500円ご返金)
問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888
一般発売日:8月6日(土) 10:00~

特設サイト : www.kreva.biz/908fes2016/

最終更新:7月29日(金)23時2分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。