ここから本文です

【東京株式市場】金融政策決定会合に注目。しかし超過収益は企業業績にあり

投信1 7月29日(金)7時10分配信

株式市場の振り返り-反落するものの、売り一巡後は一進一退の展開に

2016年7月28日(木)の東京株式市場は反落となりました。日経平均株価は前日比▲1.1%の下落、TOPIXも▲1.1%の下落で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も▲1.4%の下落となりました。

日経平均株価は、前日比▲68円安で寄り付いた後、間もなく▲48円安まで下げ幅を縮小しました。しかし、その直後から売りが優勢となり、前場の半ばには▲214円安まで下落しました。後場は16,500円を挟む攻防が続きましたが、大引けは▲187円安の16,476円で終わっています。

東証1部で上昇したのは628銘柄、値下がり1,236銘柄、変わらず106銘柄でした。東証1部の出来高は18億9,771万株、売買代金は2兆3,738億円(概算)となっています。出来高は今一つ少ないですが、値嵩株の売買が多かったため、売買代金はそこそこの水準でした。

セクター動向と主要銘柄の動き-決算実績の内容により、主力株の株価変動が続出

東証1部で上昇したのは2業種、下落したのは31業種でした。全般的に売られたため、大きな特徴は見られませんが、前日に好調だった化学・素材系セクターが反落したこと、及び、相変わらず金融関連セクターが不振であることが伺えます。

個別銘柄では、前日に決算発表を行った富士フイルムホールディングス <4901> が急落し、年初来安値を更新しました。また、28日の取引時間中に決算発表を行った三菱電機 <6503> も急落しています。この他にも、ミツミ電機 <6767> なども急落しており、決算サプライズが色濃く反映されました。また、同じく決算発表の任天堂 <7974> も大幅下落になっています。一方、同じ決算発表でもポジティブに評価されたアルプス電気 <6770> は+10%超の急騰となり、上方修正を行ったファナック <6954> も堅調でした。また、日本電産 <6594> は続伸し、アドバンテスト <6857> も年初来高値を更新しました。

1/2ページ

最終更新:7月29日(金)7時10分

投信1

チャート

富士フイルムホールディングス4901
3778円、前日比-35円 - 9月26日 15時0分

チャート

三菱電機6503
1282円、前日比-35円 - 9月26日 15時0分

チャート

ミツミ電機6767
559円、前日比-12円 - 9月26日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]