ここから本文です

『夜空と交差する森の映画祭』第2弾作品に『ソラニン』『パプリカ』

CINRA.NET 7月29日(金)12時8分配信

オールナイト野外上映イベント『夜空と交差する森の映画祭 2016』の第2弾上映作品が発表された。

【もっと画像を見る(8枚)】

10月8日に山梨の白州・尾白の森名水公園べるがで開催される『夜空と交差する森の映画祭 2016』。「文脈が入り混じる世界」をコンセプトに会場内やステージ間の通路を音や光で演出し、物語と現実が混在する「ゆめうつつ」な世界を目指すという。

発表された追加上映作品は、浅野いにお原作の三木孝浩監督作『ソラニン』、筒井康隆原作の今敏監督作『パプリカ』の2作品。さらにサブステージで上映する短編映画の第2弾ラインナップとして、松本花奈監督『僕もあの子も』、帆根川廣監督『滝坂』、堀井彩監督『SAMURAIMODE~拙者カジュアル』、松本卓也監督『マイ・ツイート・メモリー』など17本が発表された。チケットは現在販売中だ。

CINRA.NET

最終更新:7月29日(金)12時8分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。