ここから本文です

福山雅治&二階堂ふみが激写&副編・吉田羊が「ボツ」、『SCOOP!』予告

CINRA.NET 7月29日(金)12時9分配信

映画『SCOOP!』の予告編が公開された。

大根仁監督の新作となる同作は、1985年に公開された原田眞人監督の映画『盗写1/250秒』をもとにした作品。かつては写真週刊誌『SCOOP!』に所属し、数々のスクープを撮ってきたが、現在は芸能スキャンダルを追うフリーカメラマンの都城静と、『SCOOP!』の新人記者・行川野火がタッグを組み、やがて大きな事件に巻き込まれるというあらすじだ。静役を福山雅治、野火役を二階堂ふみが演じる。

【予告編を見る】

予告編では、様々な場所に潜入して芸能スキャンダルの現場を撮る静と野火の様子や、2人が斎藤工演じる若手代議士の小田部が下着姿の女性といるところを撮影する場面、警察に取り押さえられながらカメラを構える静の姿などが確認できる。また吉田羊演じる『SCOOP!』の副編集長・横川定子が「あのネタ、ボツった」と話し、静が「じゃあ、文春にでも持ってくかな」と答えるシーンも盛り込まれている。

CINRA.NET

最終更新:7月29日(金)12時9分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。