ここから本文です

ウィンマカオがQ2業績発表、カジノ市場逆風下もマス部門伸長で増収確保=8月新規大型IRオープン

マカオ新聞 7/29(金) 12:21配信

 世界最大のカジノ売上を誇る都市として知られるマカオだが、月次カジノ売上が今年(2016年)6月まで25ヶ月連続で前年割れとなるなど、低迷が長期化している。

 米国ラスベガスとマカオでカジノIR(統合型リゾート)を運営する米ウィンリゾーツ傘下でマカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、ウィンマカオ社は7月29日、今年第2四半期(4~6月期)業績を発表。前年同期から増収減益となった。

 国会計基準によるウィンマカオ社の今年第2四半期の売上は前年同期から3.6%増の6億3931.5億米ドル(日本円換算:約670億円)、純利益が11.5%減の6514.4万米ドル(約68億円)、調整後EBITDAは9.8%増の1.904億米ドル(約199億円)。

 なお、カジノ売上はマスゲーミング(いわゆる平場)部門の伸長が寄与した結果、5.2%増の6億838.2億米ドル(約637億円)となった。

 現在、ウィンマカオ社はマカオ半島新口岸地区で大型IRウィンマカオを運営している。また、同社がコタイ地区で開発を進めている新規IR施設、ウィンパレスが今年8月22日に開業を予定している。

 第2四半期業績発表資料の中で、ウィンマカオ社ではすでにマカオカジノ監理当局にあたるDICJにゲーミング(カジノ)テーブルの新規割り当て申請を実施しており、100台を獲得できるとの見込みを示した。また、現在ウィンマカオに割り当てられている中から250台をウィンパレスに移す計画もあるとしており、ウィンパレスのゲーミングテーブル数は合計350台体制となりそう。なお、事前の発表によれば、ウィンパレスのカジノフロアのゲーミングテーブル最大収容台数は500台という。

 ウィンパレスの公式ウェブサイトによれば、プロジェクト総工費はおよそ41億米ドル(日本円換算:約4295億円)とのことで、28階建てのホテル棟に1706の客室が入るほか、カジノ、ショッピングアーケード、コンベンションセンター、ウォーターショーを上演するパフォーマンスレイク、その周辺をめぐるゴンドラなどが一堂に会するという。

最終更新:7/29(金) 12:21

マカオ新聞