ここから本文です

リオ五輪選手村で新たな問題=不法労働をさせていたとしてで組織委員会に高額の罰金?=

ニッケイ新聞 7月29日(金)9時21分配信

 【既報関連】24日に入居が始まったが、居室内の電気配線や電力供給などに問題があり、豪州オリンピック委員会(AOC)などが入居を拒否するという問題が起きていたリオ五輪選手村で、新たな問題が指摘され、リオ五輪組織委員会に31万5千レアルの罰金が科せられたと28日付伯字紙などが報じた。
 選手村は海岸に似せた憩の場や理容室まで設けた豪華なスペースとの謳い文句がある一方、工事が未完成であった事や、水漏れ、床の汚れなどに対して複数の選手団から苦情が出ていた。五輪委員会は問題解決のため、配管工ら500人を派遣し、大急ぎで改修工事を行わせたが、これによって生じたのが、労働手帳に記載もせず、最大23時間という非合法的条件で働く労働者の問題だ。
 選手村の改修工事は突貫工事的な要素が強かったのか、労務省の下部機関が27日に行った監査では、630人に及ぶ労働者が正規の雇用契約もなく働いており、朝7時から翌朝6時まで働いたという労働者が複数いる事などが判明した。
 労務省はこの実態に懸念を示し、各労働者との契約書などの提出を求めると共に、1人500レアル、計31万5千レアルの罰金を科した。リオ市のエドゥアルド・パエス市長は、この件は五輪委員会の責任とした上、「5~6日以内に解決するはず」と答えた。五輪委員会も同日、早期解決のため、全ての書類を提出すると回答した。
 一方、選手村の実態について最も厳しい批判を行った豪州選手団は、3日以内に解決するとの約束とその結果に満足し、27日に入村し始めた。
 豪州選手団の入村の際は、パエス市長が鍵を手渡す儀式が行われたが、パエス市長は約束の時間に30分遅刻。同市長はAOCのキティ・チラー氏が24日に行った批判に対し、「リオ市の選手村はシドニー五輪の時の選手村よりずっと良い」「彼らが母国にいるかの雰囲気を味わえるよう、宿舎前にカンガルーを置いてあげる」と反論した事を詫びた上、五輪のマスコットを贈った。
 これに対し、チラー氏はファイティング・カンガルーの縫いぐるみと同国選手達のユニフォームをプレゼント。最初に入村した選手達がチラー氏と共にパエス市長を囲んで笑顔を見せる写真や、同国選手団が入る棟の入り口に置かれたダチョウやカンガルーの模型の写真はAOCの公式ツイッターにも掲載された。

最終更新:7月29日(金)9時21分

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]