ここから本文です

どうした三越マーク 夏休み?

qBiz 西日本新聞経済電子版 7月29日(金)14時10分配信

「MITSUKOSHI」の看板も

 福岡三越(福岡市・天神)を象徴する真っ赤な看板が黒いネットに覆われ、姿が見えなくなっている。

「ポケモンGO」1時間だけ試してみたら

 夜になると 同じ渡辺通側の壁面にある「MITSUKOSHI」の看板とともに、光を発してきた。このたび両方の看板を発光ダイオード(LED)化することになり、まずは「越」を「○」で囲んだお馴染みの看板から工事が始まった。

高所作業に工夫も

 直径6・5メートルの看板をLED化する高所作業。担当者によると、ドライバーの一本まですべてヒモをつけ、落下物がないようにしているという。

 1997年に開店して以来、夜は光を発し、昼夜を問わず天神の街並みを見守り続けてきた三越の看板。すべての工事が終わる予定の10月中旬まで、交代で「夏休み」をとる。店内照明のLED化はほぼ終えているという。

西日本新聞社

最終更新:7月29日(金)14時10分

qBiz 西日本新聞経済電子版