ここから本文です

TPPに「NO」 代議員が抗議 米・民主党全国大会

日本農業新聞 7/29(金) 7:00配信

 米大統領選に向けた民主党全国大会で、環太平洋連携協定(TPP)が焦点となっている。25日に採択した事実上の党公約の政策綱領にTPP反対が明記されなかったため、会場の代議員が反TPPのプラカードを掲げ抗議。候補指名されたクリントン前国務長官の陣営が反TPPを強調するなど、反対派の支持固めに躍起になっている。

 クリントン氏はTPPに反対するが、党綱領にはTPP反対を明記しなかった。同氏は国務長官時代にTPPに賛成していたため、大統領に選ばれれば再び賛成に転じるとの見方も出ている。

 これに対して、クリントン氏の陣営幹部のジョン・ポデスタ氏が27日、「クリントン氏は選挙前も選挙後も(TPPに)反対する」と述べ、反対姿勢を鮮明にした。さらに「再交渉に関心はない」と強調した。党内に根強い反対派に向けたアピールとみられる。

 ただ、ポデスタ氏は、オバマ大統領が来年1月までの任期中にTPPの議会承認を目指していることについて「現大統領の選択」と容認とも取れる考えを示した。

 クリントン氏は大会最終日の28日に、指名受諾演説をする見通しで発言が注目される。

日本農業新聞

最終更新:7/29(金) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。