ここから本文です

横浜ゴム、スポーツ系アルミホイール「ADVAN Racing RS-DF Progressive」新発売

オートックワン 7/29(金) 11:51配信

横浜ゴムは、スポーツ系アルミホイール「ADVAN Racing RS-DF」のプログレッシブモデルとなる「ADVAN Racing RS-DF Progressive(アドバン・レーシング・アールエスディーエフ・プログレッシブ)」を4月27日からカー用品販売子会社の(株)YFCを通じて発売した。

このニュースの写真を見る

発売サイズは国産車用が18×8.0J~18×12.0Jの全25サイズで、インポートカー用が18×8.0J~18×10.5Jの全10サイズ。カラーはマシニング&レーシングハイパーブラック、レーシングチタニウムブラック、レーシングダークブロンズメタリックの全3色。希望小売価格は74,000円~90,000円(税抜き)。

「ADVAN Racing RS-DF Progressive」は金型鍛造1ピース10本スポークホイールで、開発にあたっては高い人気を誇る「ADVAN Racing GT」を超えるデザイン性と軽量性をコンセプトとした。

リム形状は「ADVAN Racing GT」と全く同様のレーシング・リムプロファイルを採用し、最大400mmのブレーキローターにも対応。スポークがホイールセンター部へ向けて凹んでいくコンケイブデザインも「ADVAN Racing GT」と同じく凹みの度合いが異なる5種類を用意しつつ、コンケイブ形状を詳細に見直し、一段と迫力のあるデザインを実現。さらにスポークの両サイドを継ぎ目なくえぐり加工する最新の「アドバンスド・サイドカット」がよりシャープでアグレッシブなイメージを創出する。

軽量性では「ADVAN Racing GT」の5本スポークよりも応力分散に優れる10本スポークの利点を活かした設計により「ADVAN Racing GT」以上の軽量化を達成した。

ホイールセンター部には「ADVAN Racing RS-DF」のアイデンティティであるマシニングによる「ADVAN Racing FORGED」のロゴを継承する一方、スポークステッカーのロゴデザインを一新し、一目でプログレッシブモデルとわかる存在感を醸し出している。

最終更新:7/29(金) 12:33

オートックワン