ここから本文です

【乗りもの豆知識】東京メトロの路線カラーはどのようにして決まった?

乗りものニュース 7月29日(金)7時0分配信

丸ノ内線の赤はイギリスのたばこの箱に由来

 東京メトロでは、全9路線それぞれに“路線カラー”を付与し、路線図や駅の案内板などに採用することで、利用者に各路線をわかりやすく案内しています。では、これらの路線カラーは、いつ、どのような経緯で決まったのでしょうか。

 東京メトロによると、路線カラーを初めて導入したのは1970(昭和45)年。当時開業していた銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線の5路線と、都営の浅草線、三田線の2路線を走る車両の色などを基準に、営団地下鉄(現・東京メトロ)と東京都で路線カラーを決めました。その元になった、車両の色の由来は次のとおりといいます。

・銀座線(オレンジ色):BVG(ベルリンの地下鉄)を模範にした明るい黄色
・丸ノ内線(赤色):丸ノ内線の建設調査でロンドンを訪れた際に吸った、イギリスのたばこの箱に使われていた色
・日比谷線(灰色):初のステンレス車で無塗装であったため、そのままの色
・東西線(水色):ステンレス車で日比谷線と区別するために入れた、「ハイライトブルー」(タバコ「hi-lite」で使われている水色)の帯
・千代田線(緑色):相互直通予定の常磐線を走っていた103系電車の車体色

 ちなみに、1970(昭和45)年時点で計画中だった有楽町線と半蔵門線、南北線、都営新宿線についても、この5路線と同時に路線カラーが決定。その後に計画された副都心線と都営大江戸線については、1985(昭和60)年に路線カラーが決定したといいます。

青山陽市郎(乗りものニュース編集部)

最終更新:7月29日(金)12時55分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]