ここから本文です

錦織がラムをストレートで退け準々決勝へ [トロント/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月29日(金)7時30分配信

「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/カナダ・トロント/7月25~31日/賞金総額408万9740ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、第6シードの錦織圭(日清食品)がラジーブ・ラム(アメリカ)を6-3 6-4で下してベスト8進出を決めた。試合時間は1時間8分。

ジョコビッチが落とし穴を逃れ、ミュラーを克服 [ロジャーズ・カップ]

 錦織はラムと2007年から5度目の対戦で4勝目。前回の対戦は2014年9月のクアラルンプール(ATP250/室内ハードコート)の2回戦で、錦織が6-2 6-3で勝っていた。

 今大会には2年連続4度目の出場となる錦織。昨年は自己最高の準決勝進出を果たし、アンディ・マレー(イギリス)に3-6 0-6で敗れていた。ノビコフとは今回が初対戦だった。

 錦織は準々決勝で、イボ・カルロビッチ(クロアチア)とグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:TORONTO, ON - JULY 28: Kei Nishikori of Japan plays a shot against Rajeev Ram of the USA during Day 4 of the Rogers Cup at the Aviva Centre on July 28, 2016 in Toronto, Ontario, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

最終更新:7月29日(金)7時30分

THE TENNIS DAILY