ここから本文です

錦織 快勝で2年連続8強、サービス安定でブレーク許さず<男子テニス>

tennis365.net 7月29日(金)1時21分配信

ロジャーズ・カップ

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は28日、シングルス3回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が世界ランク118位のR・ラム(アメリカ)に6-3, 6-4の快勝で、危なげなく2年連続のベスト8進出を果たした。

ロジャーズ・カップ対戦表

前日の2回戦では、左脇腹の痛みで途中棄権した7月上旬のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来の復帰戦で白星で飾るも、6本のダブルフォルトを犯すなど左脇腹に負担がかかるサービスに課題を残していた。

この日は不安視されていたサービスゲームで1本もダブルフォルトを犯さず、ファーストサービスが入った時は80パーセントの高い確率でポイントを獲得し、1度もブレークを許さない安定したプレーを披露。第2セットの第3ゲームでは0-40からサービスキープに成功した。

さらにラムの強烈なサービスに対応し、第1セットで2度、第2セットでは1度ブレークした錦織が最後まで試合の主導権を握り、対戦成績を2勝1敗とした。

準々決勝ではI・カルロビッチ(クロアチア)とG・ディミトロフ(ブルガリア)の勝者と対戦する。準々決勝で対戦する可能性があった第8シードのM・チリッチ(クロアチア)は2回戦敗退、第11シードのN・キリオス(オーストラリア)は初戦で姿を消した。

昨年のロジャーズ・カップは準々決勝でR・ナダル(スペイン)に初勝利し、ベスト4へ進出。準決勝ではA・マレー(英国)にストレートで敗退。

これまでのマスターズは2014年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)と今年のマイアミ・オープン(アメリカ/ マイアミ、ハード、ATP1000)で決勝へ進出するもタイトル獲得を逃した。

tennis365.net

最終更新:7月29日(金)1時25分

tennis365.net