ここから本文です

今季3度目の3試合連続得点にリーチも…… 町田FW「まずはチームの為にしっかりハードワーク」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/29(金) 8:00配信

プレイオフ進出圏浮上なるか

快進撃を続ける町田ゼルビアで、25節を終えて全試合にスターティングメンバー入りを果たしているFW中島裕希が、31日に行われる敵地でのV・ファーレン長崎戦に向けて意気込みを語った。

今季から町田に加入した中島は2節でシーズン初得点を記録すると、同試合から3試合連続ゴール、9節からも3試合連続ゴールを挙げるなど、J3からの昇格組ながら11試合無敗で首位を走るクラブの攻撃を牽引。その後はゴールから遠ざかっていたが、7月20日のセレッソ大阪戦で13試合ぶりとなるゴールを決めると、続く水戸ホーリーホック戦でも得点を記録し、シーズン3度目の3試合連続ゴールにリーチをかけて長崎との一戦を迎える。

また、中島は4月にホームスタジアムで開催された長崎戦でも決勝点を決めており、今季2回目の対戦にも「まずはチームの為にしっかりハードワークして、もちろん、ゴールの意識も持って試合に臨みたいと思います」とコメント。「自分の良さを発揮して、チームを助けられる働きをしたいと思います」と意気込みを語っている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。

最後はサポーターにも「皆さんからいただく“頑張れ”という声援には、本当にパワーをもらっています。それは、選手・チームだけでなく、サポーターの皆さんも22番目のチームとしての挑戦を理解し、見守ってくれているからだと、僕は思っています」と感謝を伝えたストライカーは、「悔しい思いはもうしたくないですし、ここからまた一つでもチームが上に行けるように頑張るので、引き続き熱い応援よろしくお願いします」と今後の戦いに闘志を燃やした。現在、J1昇格プレイオフ進出圏となる6位と1ポイント差の7位につける町田は敵地での長崎戦でも勝ち点3を加え、2年連続昇格に近づくことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/29(金) 8:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています