ここから本文です

ナイナイ岡村、極楽・山本圭壱との厳戒態勢ロケを語る「怒号飛び交う現場だった」

トレンドニュース(GYAO) 7月29日(金)15時46分配信

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、極楽とんぼ・山本圭壱の10年ぶり地上波テレビ復帰となるフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の収録が厳戒態勢で行われたことを明かした。

山本は7月30日放送の同番組で、10年ぶりに地上波テレビに出演する。岡村が7月28日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で語ったところによると、かなりピリピリした雰囲気の中で収録が行われたらしい。

結局はすぐ報じられてしまったものの、もともと山本出演情報はギリギリになって発表する予定で、そのため撮影も極秘だった。ロケバスも通常のものを使用するのではなく、業者のバスなどに見えるようにラッピングが施されたという。またロケのコースに関しても、空港を使用するとバレるかもしれないということで、宮崎入りは鹿児島から宮崎まで車で移動するなど細心の注意が払われた。

岡村は「10年くらい山本さんも出てないし、これ(再出演)は『めちゃイケ』の宿題というか、1回クリアにしてしまわんと次に行かれへんということで、今回やりました」と語る。さらに現場では怒号が飛び交っていたと明かし、「久しぶりに熱い。みんな、いろんな感情がある。いろんな感情がバーッとぶつかりあって、現場では『オラ!』みたいになって」「世間がどういうふうに反応するかわかりませんけど、なんやろうな。ものすごく疲れた今回のスペシャルでした」と振り返った。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7月29日(金)15時46分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。