ここから本文です

【動画解説】熱帯低気圧が発達中 台風が続けて発生する可能性も

ウェザーマップ 7月29日(金)14時49分配信

ウェザーマップ

 フィリピンの東で熱帯低気圧が発達中で、今後、台風になる確率が高まってきています。さらに来週にかけて、別の熱帯低気圧や台風が発生する可能性もあります。

 今年は台風の少ない状態が続いていますが、日本のかなり南の熱帯では、雲の発生が活発になってきました。熱帯の雲は、湧きやすい時期、湧きにくい時期を繰り返していて、今は湧きやすい時期になってきたようです。

 フィリピンの東の熱帯低気圧は、米軍の解析では今後、台風になる可能性が高いとしています。
 この低気圧は大陸方面へ進み弱まりますが、崩れた雨雲が東へ広がり、来週には西日本にかかってくる可能性があります。

 また、これとは別に太平洋上では来週、台風になる可能性もある熱帯低気圧の発生が予測されています。(気象予報士・増田雅昭)

最終更新:7月29日(金)14時49分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。