ここから本文です

降車ブザーを押すとあの雄たけびが 「ゴジラバス」本日運行開始

乗りものニュース 7/29(金) 10:53配信

車内でフィギュアや住民票を展示

 京王電鉄バスグループの京王バス東は2016年7月29日(金)、新宿の東西を循環する路線バス「新宿WEバス」において、特別に装飾した「ゴジラバス」の運行を開始しました。

 映画『シン・ゴジラ』の公開と同じ日から「歌舞伎町ルート」と「朝・夜ルート」で、1台にて運行が始まります。京王電鉄バスの担当者によると、「ゴジラバス」では降車ブザーを押すとゴジラの咆哮がバス車内に流れるほか、「ホテルグレイスリー新宿」バス停の案内放送でも、ゴジラが咆哮するといいます。「ホテルグレイスリー新宿」は、『シン・ゴジラ』の上映館でもある「TOHOシネマズ新宿」と同じ建物に入居しているホテルです。この建物には“実物大ゴジラヘッド”が設置されています。ちなみにバス車内で流れるゴジラの咆哮の音は、1991(平成3)年公開の『ゴジラ vs キングギドラ』から採用したといいます。

 車内にはショーケースが置かれ、ゴジラのフィギュアや新宿区特別住民票(原本)も展示されます。

「新宿WEバス」は2009(平成21)年9月から運行を開始。1日の平均利用者数はおよそ1600人ということです。「歌舞伎町ルート」は新宿駅西口~歌舞伎町~ホテルグレイスリー新宿~新宿駅西口~西参道~新宿駅西口を15~20分間隔で運行。「朝・夜ルート」は新宿駅西口~西参道~新宿駅西口を、午前7時~午前10時は7~10分間隔、18時~21時は10~13分間隔で運行しています。また、「ゴジラバス」は走りませんが「新宿御苑・西新宿循環ルート」などの系統も運営されています。運賃は現金、ICカードともに100円です。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/29(金) 12:49

乗りものニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革